サブスクMEDIA
活動内容や取り組みなど、
サブスクの“いま”を発信するメディア

1月23日(水)に当協会の設立パーティーを開催しました

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会は1月23日、設立発表会を開催しました。
本振興会は、サブスクリプションビジネスの普及を目的として2018年12月に設立。

今回、メディア各社およびサブスクリプションビジネスに興味・関心のある企業を対象とした発表イベントとして 理事からの協会の趣旨の発表、今後の展開などを発表させていただきました。

代表理事 佐川

代表理事の佐川は、「現状の国内マーケットを見てもサブスクリプションに関わっている事業者は2割程度、 一方でフロー型のビジネスを行っている事業者が8割以上を占める。この2割の先行者のナレッジを これからサブスクリプションビジネスに取り組みたい事業者と共有していきたい。 また、国内にサブスクリプションビジネスのナレッジを蓄積するような仕組みが存在していないので、 先行している2割の事業者のナレッジの蓄積・共有を通して、すでにサブスクリプションを実施している 事業者のさらなる成長にも寄与したい。」と語りました。

写真左から、西野理事、小嵜理事、天沼理事、渡邊理事、西澤理事、佐川代表理事

会見で代表理事 佐川は、「自社の商材ではサブスクリプションビジネスに出来ないと考える事業者は多いが、 それは情報や事例が無いために、思い込んでいる可能性がある。」とした上で、「景気が低迷した局面こそ、 サブスクリプションモデルの継続した収益が強くなる。今後の景気情勢を考えると、サブスクに取り組む企業は 拡大していく。」と、今後の見通しを語りました。

本振興会の現在の会員数は100名、2019年3月末までに300名まで拡大する予定です。
会員の業種はEC系が3割、SaaS系・BtoBビジネスが3割、飲食店や学習塾など実店舗系が3割となっております。